お知らせ

コロナウイルス対策:来院される方へのお願い

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、以下お知らせいたします。
・来院の際はマスク着用をお願いします。
・コロナウイルス感染者やその疑いの方が身近にいらっしゃる方は受診を控えてください。
・発熱中の方は受診を控えてください。早急な受診が必要な方は電話でご相談ください。
・待合室では間隔をあけてご着席ください。
・自家用車でお越しの方は受付後、携帯電話番号をお伝えいただき車内でお待ちいただいでも結構です。
・慢性疾患で通院中の方で症状が安定している場合は、問診のみで投薬可能な場合もありますのでご相談ください。

SS-OCT導入

従来より当院で利用中のOCT(光干渉断層計)はSpectral-Domain(SD)-OCTのNIDEK社製RS-3000ですが、この度最新のSwept-Source(SS)-OCTであるTopcon社製Triton plusを追加導入しました。SS-OCTはSD-OCTに比べて、より短時間でより深い範囲の網膜-脈絡膜の断層画像が取得可能です。また造影剤を使用せずに網膜・脈絡膜の血流を可視化するOCTA(光干渉断層血管撮影)が可能になりました。網膜・脈絡膜疾患および緑内障のより精密な診断が可能になりました。

SS-OCT.jpg




手術顕微鏡更新

手術顕微鏡をドイツZEISS社製VISU 160から同じくZEISS社製Lumera Tへ更新しました。同時に硝子体手術用広角眼底観察システムをHAAG-STREIT社製EIBOS2からZEISS社製RESIGHT 700へ更新しました。手術中の術者の「見え方」が大幅に改善され、手術の安全性がより高まりました。


手術顕微鏡.pngのサムネール画像