お知らせ

コロナウイルス対策:来院される方へのお願い

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、以下お知らせいたします。
・来院の際はマスク着用をお願いします。
・コロナウイルス感染者やその疑いの方が身近にいらっしゃる方は受診を控えてください。
・発熱中の方は受診を控えてください。早急な受診が必要な方は電話でご相談ください。
・待合室では間隔をあけてご着席ください。
・自家用車でお越しの方は受付後、携帯電話番号をお伝えいただき車内でお待ちいただいでも結構です。
・慢性疾患で通院中の方で症状が安定している場合は、問診のみで投薬可能な場合もありますのでご相談ください。

SS-OCT導入

従来より当院で利用中のOCT(光干渉断層計)はSpectral-Domain(SD)-OCTのNIDEK社製RS-3000ですが、この度最新のSwept-Source(SS)-OCTであるTopcon社製Triton plusを追加導入しました。SS-OCTはSD-OCTに比べて、より短時間でより深い範囲の網膜-脈絡膜の断層画像が取得可能です。また造影剤を使用せずに網膜・脈絡膜の血流を可視化するOCTA(光干渉断層血管撮影)が可能になりました。網膜・脈絡膜疾患および緑内障のより精密な診断が可能になりました。

SS-OCT.jpg




手術顕微鏡更新

手術顕微鏡をドイツZEISS社製VISU 160から同じくZEISS社製Lumera Tへ更新しました。同時に硝子体手術用広角眼底観察システムをHAAG-STREIT社製EIBOS2からZEISS社製RESIGHT 700へ更新しました。手術中の術者の「見え方」が大幅に改善され、手術の安全性がより高まりました。


手術顕微鏡.pngのサムネール画像

重要!令和2年4月からの多焦点眼内レンズ手術について

当院ホームページに説明してありますように現在多焦点眼内レンズ手術は厚生労働省認定の「先進医療」の一つですが、令和2年4月からは多焦点多焦点眼内レンズ手術は「先進医療」ではなくなり、「選定療養」に切り替わります。
「先進医療」では手術費用の全てが自費でしたが、「選定療養」では手術費用は保険適応となります。ただし単焦点眼内レンズとの差額分が自費負担となります。自費負担の金額については、多焦点眼内レンズの種類によって異なりますので、診察時にお尋ねください。
選定療養イメージ図.jpg

新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルスに感染すると発熱の前に結膜炎が出現することがあります。

結膜炎症状(目が赤い、目やにが出る)があり、症状出現の2週間以内に海外に滞在したことがある人、新型コロナウイルス患者と接触した可能性がある人は、最寄りの保健所へ電話で相談の上で、専門の外来がある病院を受診してください。


求人中

現在当院では、看護師(正・准)、視能訓練士、事務職員を募集しています。
詳しくはハローワークまでお問い合わせください。

三焦点型多焦点眼内レンズ

新しい多焦点眼内レンズである三焦点型眼内レンズが厚生労働省の認可を受け、先進医療として使用可能となりました。
先進医療認定の眼内レンズは二焦点型眼内レンズ、焦点深度拡張型眼内レンズと合わせて3種類となりました。
これまで以上にそれぞれの患者さんのライフスタイルにきめ細かく合わせた眼内レンズの選択が可能となりました。

眼科手術用イメージガイドシステム導入

この度当院では眼科手術用イメージガイドシステム、Alcon社製VERIONを導入しました。
VERIONは「測定モジュール」、「ビジョンプランナー」、「デジタルマーカー」の3つの機器で構成されています。
白内障手術や眼内コンタクレンズ手術に際して、術前に測定モジュールで眼球表面の精密な計測と写真撮影を同時に行い、その結果をもとにビジョンプランナーで手術の計画を立て、デジタルマーカーと手術手術顕微鏡の画像と同期させることにより、切開位置やサイズ、乱視用眼内レンズ・眼内コンタクレンズの角度を精密に計画通りに合わせることができます。

イメージガイドシステム.jpg

自動視野計更新

自動視野計をKOWA社製AP-6000から同社製AP-7700へ更新しました。

自動視野計.jpg

スキャンパターンレーザー光凝固装置導入

スキャンパターンレーザー光凝固装置Ellex社製Integro Pro Scanを導入しました。裂孔原性網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症等の網膜疾患の治療に用います。従来のレーザー光凝固装置に比べて治療時の痛みが少なく、より短時間でより安全な治療が行えるようになりました。
スキャンパターンレーザー.jpg